趣味って何だっけ

飽き症の男がいろいろお勧めするブログ

滅茶苦茶当たる?性格診断を試してみたら…

こんにちは、トモヤです。

 

以前Twitterを眺めていたら16Personalitiesという心理テスト?性格診断?のURLが流れてきました。

 

そのときもすぐ試してみたんですが、今回もう一度やってみました。


f:id:blog-dailymusic:20170410000717j:image

こんな白雪姫は嫌だ

 

 

はい、 100の質問に当てはまるかどうか7段階で回答していくというもので、深く考えずに10分位。性格を16のタイプに分けて診断してくれます。

 また、最後に似たタイプの有名人やキャラクターも教えてくれます。

 

さて、結果は


f:id:blog-dailymusic:20170409235339j:image

どうやら僕は論理学者タイプだったようです。


f:id:blog-dailymusic:20170410001341j:imageマトリックスのあいつと同じなんですね。

 考えること自体が楽しいそうです。

 

まあ、僕のことはどっちでもいいです。

それはそうと、これ知った当時(3ヶ月位前)ためしたときは
f:id:blog-dailymusic:20170410000104j:image

別のタイプでした。

 

 

そのときの考えてることに色々影響されて結果が変わるものなのかもしれませんが、そのときの自分を知るためには効果有るんじゃないでしょうか。

 

 まあ、興味のある方は試してみてください。

 

16personalities←こちらからどうぞ。

 

 

 

終電を逃したから漫喫に行ったら全く休めなかった話

金曜日!

会社帰りに羽目をはずそうとカラオケに寄ってたら終電を逃してしまいました。

 

 

とりあえず漫喫に避難して休もうと思ったのですが、一度入ってしまったらダメですね。

どうにかして元をとりたいという貧乏精神が出てしまって、気がついたら徹夜して漫画を読み続けていました。

 

周りのイビキがすごくてもパソコンからYouTube開けば気にならないし、ドリンクバーもあるし、座敷で足伸ばせるし快適だったからつい。

 

 

思ったよりギャグだった『ダンジョン飯』。

モンスター食う?。からの
f:id:blog-dailymusic:20170408091536j:image


からかい上手の高木さん』でニヤニヤ。

夢のような中学生活・・・
f:id:blog-dailymusic:20170408091801j:image


魔法使いの嫁』は最初読んだときから雰囲気が好き。

朝は米派の僕もトーストが食べたくなった。

 

悩んでる誰かと話を聞いてあげる誰かが対話してるのが良いですよね。
f:id:blog-dailymusic:20170408091623j:image

 

そして、ようやく最後まで読んだ『ヨルムンガンド』。

あぁ、世界平和。

 
f:id:blog-dailymusic:20170408090344j:image

計画が明かされるシーンはこっちまでワクワクするというか、お嬢にのせられますね笑

 某少佐ばりの演説。

 

そもそもフィクションだし普段の自分とは全くかけ離れた内容なのに、自分も考えれば色々出来るんじゃないかと自信がわいてきました。

さすが徹夜テンション、突拍子もないアイディアがでてきそうです。

 

 

 要するに相手の選択肢を奪うことで影響力を持ってやろうということ・・・・・

 正に「戦わずして勝つ」ですね。

 嫌いだからこそ変えられる。

 

 

 ・・とりあえず、眠いので寝ます。

 

 

 

P.S.

中学生やり直したい

 

 

映画レビュー『サカサマのパテマ』

久々にゆっくり休める時間になったのでAmazonプライム会員で映画を観ました。

 

 

2013年のオリジナルアニメ映画の『サカサマのパテマ』です。
f:id:blog-dailymusic:20170402141529j:image

物語を最後まで見て、テーマも結末もとても満足できました。

 


ある研究による事故で、一部の人物の重力が逆転してしまった世界が舞台のファンタジーです。

そこで二人の主人公、サカサマ世界に落ちてきたパテマと、空に憧れていたエイジが出会ってひと悶着あるという内容。

 

      ↓こっちがエイジで
f:id:blog-dailymusic:20170402141541j:image

        ↑こっちがパテマ

 

 ビックリするくらい近いですねニヤニヤ

少女は空に落ちるってGRA....

 

 

 

物語の内容は王道なボーイミーツガールですが、視点がパテマ側とエイジ側を往復するので、何度も画面が反転します。慣れないと気持ち悪いかもしれませんが、それがこの映画の見せ方の胆なのかもしれません。

 

重力がどうのといってもGRAVITY DAZEというよりはドラえもんの地球下車マシンに似た状況ですね。

何にしろ、どちらかが常に地に足つかない状態にあるってすごく緊迫感があります。

 

 

事故によってその異常な状態を経験したが故に、この世界の人は地に足がついていることと規律を守ることについて敏感に反応しているようで、さまざまなディストピア要素もあります。

 

まあ話の流れとしてその総本山に乗り込むわけですが、敵も悪いですねー。

スネイプ先生の声の人土師孝也さんが演じるイザムラ、まるで『日常』のドルフがギャグマンガのキャラじゃなかったような、徹底したヤバいやつでした。ちゃんと悪役やってます。



ドルフ→f:id:blog-dailymusic:20170402150001j:image

イザムラ→f:id:blog-dailymusic:20170402150057j:image

イザムラにも目的というか探しているものがあって、物語に大きく関わってきます。

 

この地下空間も好き。


f:id:blog-dailymusic:20170402172524j:image

ちょっと荒廃したような廃墟感というか、入りくんだ感じ!

土管の家もしかり。

 

所々観てて恥ずかしくなるシーンもありますが、「そうくるかーっ」となるようところも多く面白かったです。

 

ここまで読んでくださり有難うございます。

GRAVITY DAZE2サントラと攻略本

届いたー
f:id:blog-dailymusic:20170320181556j:image

 

それぞれクロウDLCのネタバレ要素があるらしいので慎重に楽しんでます

 

設定資料とかみてたらアートブックもほしくなってきた

元々買うつもりなかったんやけど笑

 


CDのラベルをスキャンしてそれぞれアルバム画像に。

f:id:blog-dailymusic:20170320182555j:image
壮観ですわー

f:id:blog-dailymusic:20170320183646j:image
リンゴの歌の歌詞、いろんなキトゥンだけじゃなくてシドーの歌でもあるんですかね。

 

 1番アツい曲はdisk3『因果の螺旋』。

全部乗せってところはもちろん、『アンジェ』のコーラスは強いわ。最初鳥肌やった。

単体なら『黒き疾風』が好き。

 

音フェチ的にはdisk2『フォート・ビスマレア』。カンタカタンタカタンタカタンタカ、寝れる。

 

 

…なんか、グッズばっか。

自分大丈夫かな?

と心配になりながらも楽しんでます。

「はさみさん」ってすごい

こんばんは。トモヤです。

 

ここ三週間くらい、WALKMANがどこかにいってしまっていて通勤電車の中でものすごく物足りない日々を過ごしていました。

 

どこを探しても見当たらないから電車や道で落としたのかなと思っていたのですが、それを認めてしまうとショックで暫く立ち直れない。

なんせGRAVITY DAZEコラボのWALKMANと3万近くしたpro20ですから…

 

そこで、藁にもすがる想いでGoogle先生に「なくしもの どこ」と訊いてみました。

これ、今まで幾度もやって全く為にならなかった行動なんですけど今回は良いことを教えてもらえました。

 

それがはさみさん。

SMAPの中井さんが発見した、なくしものを探す方法らしいです。

これまで存在はなんとなく知ってたんですが全く信じてませんでした。

 

ただ、人間追い込まれると何でもできるんですね。

とりあえず家にあるハサミを持ってきて、目の前に持ってきて

「はさみさん、はさみさん。なくしてしまったWALKMANはどこにありますか。」と唱えてみました。

 

特になんの反応もなく、深夜2時にはさみに喋りかけてるってこれヤバイ人やん

とか思いながら、何度も探した机の回りを整理していると

 

靴紐を結ぶくらい簡単に見つかりました笑

はさみさんに相談して5分もかからず。

 

はさみさんが実在する知りませんがやってみて損はないですね。

 

貪欲にいきましょ。

眠い

おはようございます。

トモヤです。

 

いまの時期、事務用品関係の会社は繁忙期を迎えているわけですが、うちの社も大変忙しくなっています。

 どのくらい儲かってるのか、本当のところは知りませんが…

 

とにかく作業が多くて帰るのが遅くなって眠い(-.-)Zzz・・・・

 

色々とネットで調べてもやってみてもそんなに効果あるとも思わないし、結局効率よく仕事して無駄に疲れないようにすることが一番んなのかもしれないですね。

 

あー

 

眠い

人は環境で変わる

こんばんは、トモヤです。

 

少し前に知った水族館の話ですが、鰯の群れを作るには方法があるそうです。

 

その方法は魚肉食の魚(カマスとかマグロとか)を同じ水槽にいれること。

 

自分達を狙う敵がいることで互いに協力しあうことになるとのこと。

 

 

たぶんこれって、人にも十分に通用するやり方なんだと思います。

追いたてられるから、悔しいから、目標があるからこそ、そこまでの道筋を立てられるしモチベーションにもなる。

 

人に見られているからこその何かは誰しも感じたことがあるはずです。

 

「気持ちを新たにして」することは結局長続きしなくて、強制力を持った「環境」に適応していくことが継続(=自分の力)になっていくんでしょう。

 

そう考えると、すべての基礎となる環境づくりにはすごい力があるんです。

 

 

沢山の人が居るとして、その人達をまとめることができるのも環境だけだと思います。

考え方やアプローチは人それぞれで、バラバラの方向に進んでいたとしても、必要不可欠な環境(設備や情報の整理)がしっかりと整えられていれば近いところに落ち着いていくのではないでしょうか。

 

となるとちょっとした工夫であっても足りないものを補える、理想をイメージできることそれ自体が貴重な能力で、そこから始めていかなければいけないと思います。

 

何事も先ずは知ることからなんですね。

 

以上、酔っぱらいの駄弁りでした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。