読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味って何だっけ

飽き症の男がいろいろお勧めするブログ

映画レビュー『サカサマのパテマ』

久々にゆっくり休める時間になったのでAmazonプライム会員で映画を観ました。

 

 

2013年のオリジナルアニメ映画の『サカサマのパテマ』です。
f:id:blog-dailymusic:20170402141529j:image

物語を最後まで見て、テーマも結末もとても満足できました。

 


ある研究による事故で、一部の人物の重力が逆転してしまった世界が舞台のファンタジーです。

そこで二人の主人公、サカサマ世界に落ちてきたパテマと、空に憧れていたエイジが出会ってひと悶着あるという内容。

 

      ↓こっちがエイジで
f:id:blog-dailymusic:20170402141541j:image

        ↑こっちがパテマ

 

 ビックリするくらい近いですねニヤニヤ

少女は空に落ちるってGRA....

 

 

 

物語の内容は王道なボーイミーツガールですが、視点がパテマ側とエイジ側を往復するので、何度も画面が反転します。慣れないと気持ち悪いかもしれませんが、それがこの映画の見せ方の胆なのかもしれません。

 

重力がどうのといってもGRAVITY DAZEというよりはドラえもんの地球下車マシンに似た状況ですね。

何にしろ、どちらかが常に地に足つかない状態にあるってすごく緊迫感があります。

 

 

事故によってその異常な状態を経験したが故に、この世界の人は地に足がついていることと規律を守ることについて敏感に反応しているようで、さまざまなディストピア要素もあります。

 

まあ話の流れとしてその総本山に乗り込むわけですが、敵も悪いですねー。

スネイプ先生の声の人土師孝也さんが演じるイザムラ、まるで『日常』のドルフがギャグマンガのキャラじゃなかったような、徹底したヤバいやつでした。ちゃんと悪役やってます。



ドルフ→f:id:blog-dailymusic:20170402150001j:image

イザムラ→f:id:blog-dailymusic:20170402150057j:image

イザムラにも目的というか探しているものがあって、物語に大きく関わってきます。

 

この地下空間も好き。


f:id:blog-dailymusic:20170402172524j:image

ちょっと荒廃したような廃墟感というか、入りくんだ感じ!

土管の家もしかり。

 

所々観てて恥ずかしくなるシーンもありますが、「そうくるかーっ」となるようところも多く面白かったです。

 

ここまで読んでくださり有難うございます。